Works /実績紹介

株式会社エコンテの実績を一部ご紹介します。

Googleの過去10年の成長がひと目でわかる、四半期決算インタラクティブ・チャート

インターネット大手企業、特にGoogleの決算発表に注目している方は多いと思います。そこでエコンテは、Googleの決算情報をより見やすく、直感的に把握してもらうために、2005年Q3以降のGoogle決算発表をもとに、インタラクティブ・チャートを作成しました。

「Google四半期決算インタラクティブ・チャート」では、次の内容をクオーター毎に時系列で比較して見ることができます。

PL(損益計算)
BS(バランスシート)
GAAP(米国会計基準)ベースと非GAAPベースの営業利益・純利益
TAC(トラフィック獲得コスト)

グラフにマウスオーバー(スマートフォンの場合はタップ)すると吹き出しが表示され、詳細な数値を見ることができます。PCでは、グラフ上部の各項目名をクリックすることで、表示/非表示を制御することができ、見たい項目のみを表示させ比較することもできます。また、スマートフォンで見る場合は、縦長の画面でも見やすいよう、縦方向の時系列グラフを表示しています。

今回のように、情報を時系列チャートに置き換え、項目の表示制御や表示期間を設定できるグラフを用いると、一般的な表形式の決算発表からは読み取りづらい事柄を発見することができます。

例えば、2015年4月に発表されたGoogleの2015年Q1の決算発表を受けて、多くのメディアが“売上高は前年同期比12%増加”と報じました。これは、Googleの決算発表のサマリーを元にした報道ですが、時系列でPLを見てみると、過去最高だった2014年Q4から2015年Q1にかけて、売上が下がっていることがわかります。ですが、全期間を通して見ると、過去にも売上が下がったタイミングはあり、全体を通して順調に成長していることが分かります。

また、Googleは2012年に携帯機器メーカーMotorolaを買収していますが、わずか2年足らずの2014年1月末に売却しています。PLのグラフのうち、この期間のMotorola関連の項目のみを表示し売上と原価の関係を見ると、売上に対して原価がほぼ同額かかっており、売却の理由も納得できます。

このように、ただ情報を見やすくするだけでなく、細かい情報分析にインタラクティブ・チャートを利用することもできます。Googleの決算発表を毎回チェックしている方も、今まで企業の決算発表に興味がなかった方も、四半期決算を分かりやすく見ることができるチャートです。ぜひご覧ください。

Key Word Search

課題から探す

サービスから探す

Contact Us お問い合わせ

ご質問・お問い合わせは、お電話もしくはお問い合わせフォームより承っております

お電話でのお問い合わせ

03-5798-7467

お問い合わせフォーム

お問い合わせ
top
tweet share