株式会社エコンテ

コンテンツマーケティング・リソース

マタニティマーク
「マタニティマークは危険」は本当?マタニティマークに関する意識調査

2006年にマタニティマークが誕生してから既に10年が経過しています。
マタニティマークに関する情報は厚生労働省から発表されており、下記のように説明されています。

“マタニティマークとは、妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの。”
”さらに、交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの。”

このように、本来は「妊産婦に優しい環境づくりを推進するもの」であるべきマタニティ―マークが、反対に危険を招くことがあると話題になったこともあり、ここ数年で使用をためらう人が増えているようです。
そこで、マタニティマークに関する妊産婦を取り巻く環境の実態を知るべく、妊産婦(*1)と妊産婦以外の一般 (*2)に対して意識調査を実施しました。

*1 妊娠中、または、3歳未満の子供がいる母親 400名
*2 妊娠していない、または、3歳未満の子供がいない、男女600名(男性300名、女性300名)

トピック

  1. マタニティマークの認知度、男性は42.0%、女性は62.3%
  2. マタニティマークに気付いた際に「サポートしてあげたい」は67.6%
  3. 70.9%の妊産婦が「周囲のやさしさやサポートを感じた」
  4. 「マタニティマークは危険を招く」という話の実態とは?
  5. マタニティマークが誤解を与える原因は、世間の認識と利用実態の大きな差
  6. 専門家に聞いた!妊婦が外出する際にはどのようなリスクがあるの?
  7. マタニティマークを安心して身につけることが出来る社会の実現に必要なこと

マタニティマークの認知度、男性は42.0%、女性は62.3%

妊産婦以外の一般に対して「マタニティマークに関する認知状況」を質問したところ、「ある程度内容を知っている」と答えた男性は42.0%、女性は62.3%という結果でした。
また、「初めてマークを見る」と回答した人は、男性は35.7%、女性は20.3%という結果で、その内訳では子供のいない人が男女合わせて72.6%を占めていました。

一方、妊産婦は、94.5%が「ある程度内容を知っている」と回答しており、マタニティマークを知っていることは当たり前のようです。 

マタニティマークに関する認知状況で最も近いものをお答えください。

更に、妊産婦以外の一般にマタニティマークを知った経緯を質問したところ、最も多かったのが、「テレビ・ラジオ」(29.2%)、続いて、「公共交通機関」(20.1%)、「インターネット」(16.4%)という結果でした。
その他、「医療機関」(7.6%)や「行政機関」(4.9%)など公共性の高い施設を介しての認知は低い数値となりました。

マタニティマークを知った経緯を教えてください。

マタニティマークに気付いた際に「サポートしてあげたい」は67.6%

妊産婦以外の一般に対し、「マタニティマークを身につけている人に気付いた際にどのように感じますか?」と聞くと、「サポートをしてあげたい」は67.6%、「不快に感じる」は2.8%でした。

マタニティマークを身につけている人に気付いた際にどのように感じますか?

マタニティマークを「不快に感じる」具体的な理由としては、下記が挙がりました。

▼マタニティマークを「不快に感じる」具体的な理由

  • 「妊娠が本当かどうかは不明だから(妊娠していると装って席を譲ってもらおうと企んでいるとも限らないから)」(男性/38歳)
  • 「妊娠して幸せなの!とアピールしているように感じる。その上席を座らせろ、優先させろと上から目線で言っているような感じがする」(女性/31歳)
  • 「妊婦なら家にいろと思う」(女性/36歳)
  • 「配慮を強要されているような気になってしまう」(女性/50歳)

多くの人たちが「サポートをしてあげたい」と考えているものの、マタニティマークを身につけている妊婦を快く思っていない人が存在することは事実のようです。

70.9%の妊産婦が「周囲のやさしさやサポートを感じた」

視点を変えて、妊産婦に対し、「マタニティマークを身につけていることで、周囲のやさしさやサポートを感じたことはありますか?」と聞くと、70.9%が「ある」と答えました。

マタニティマークを身につけていることで、 周囲のやさしさやサポートを感じたことはありますか?

周囲のやさしさやサポートを感じた具体的なエピソードは、「席を譲ってもらった」や「重い荷物を持ってくれた」という体を気遣うサポートだけではなく、「がんばってねと言う声掛け」などの心を気遣うサポートも挙がりました。

▼周囲のやさしさやサポートを感じた具体的なエピソード

  • 「スーパーで買い物をして、会計の終わった重たいカゴをレジの人が袋詰めする台まで運んでくれた」(女性/27歳)
  • 「結婚式のプランナーさんが、乾杯のシャンパンを何も言わずにジンジャーエールに変えてくれたこと」(女性/25歳)
  • 「年配の方に頑張ってねと声をかけてもらった」(女性/41歳)
  • 「満員電車で降りようとした時、近くにいた女性が『妊婦さん降りまーす!』と周囲の人に大声で知らせてくれて、おしくらまんじゅう状態の中、私が押しつぶされたり、転んだりしないように助けてくれた」(女性/38歳)

話題性もあることから「マタニティマークは危険を招くのか」という観点で議論が行われやすい傾向にありますが、多くの人たちは「サポートしてあげたい」と考えており、マタニティマークを身につけている妊婦も「周囲のやさしさやサポート」を実際に感じている傾向にあるようです。

「マタニティマークは危険を招く」という話の実態とは?

「マタニティマークは危険を招く」という話の実態を知るために、妊産婦と妊産婦以外の一般の双方に、「マタニティマークを身につけることで妊婦が不快な思いや身の危険を感じることがある」という話を聞いたことがあるかを質問しました。
妊産婦の63.5%が「ある」と答えた反面、妊産婦以外の一般は41.7%と半数を割る結果になりました。

マタニティマークを身につけることで、妊婦が不快な思いや身の危険を感じることがあると聞いたことはありますか?

「マタニティマークが危険を招く」という話を何で知ったかという問いについては、妊産婦と妊産婦以外の一般の両方の回答において、1位「インターネット」、2位「テレビ・ラジオ」となり、3位以下に大きな差をつける結果でした。家族や知人などから直接聞くことは少なく、メディアを経由して知ることが多いようです。
それでは、実際にマタニティマークを身につけていることで不快な思いや身の危険を経験した妊婦はどの程度存在するのでしょうか。
妊産婦に「妊娠中にマタニティマークを身につけていましたか?」と質問したところ、「常に身につけていた」「どちらかと言えば身につけていた」と答えた人は全体の57.6%でした。

あなたは、妊娠中にマタニティマークを身につけていましたか?

続けて、「マタニティマークを身につけていることで不快な思いや身の危険を感じたことがあるか」を質問したところ「ある」と答えた人は9.7%でした。マタニティマークを使用していた人のおよそ10人に1人は、実際に不快な思いや身の危険を感じた経験があるようです。

マタニティマークを身につけていることで不快な思いや身の危険を感じたことがあるか?

不快な思いや身の危険に関する具体的なエピソードとして挙がったのは、不快な思いに繋がる行為として「睨まれる」や「舌打ちをされる」などで、直接身の危険を感じる行為としては「お腹を殴られそうになった」や「お腹を叩かれた」などでした。

▼不快な思いや身の危険に関する具体的なエピソード

  • 「優先席前で『本当に妊婦なのかよ?』と、舌打ちされたことがある」(女性/32歳)
  • 「歩くのが遅くて舌打ちされた」(女性/32歳)
  • 「妊娠がなんだ。席を代われって事?と突然言われた」(女性/34歳)
  • 「お腹を叩かれた」(女性/30歳)
  • 「酔っぱらいの年配のおじいさんが、『偉そうにマークなんかつけやがって調子に乗ってんじゃねーぞ!!』といちゃもんをつけてきて、お腹を殴られそうになった。」(女性/29歳)

マタニティマークが誤解を与える原因は、世間の認識と利用実態の大きな差

マタニティマークが誤解を与えてしまう原因はどこにあるのでしょうか。
妊産婦以外の一般がどのような認識を持っているのかを聞いてみると、最も多かったのは「交通機関などで周囲にサポートしてもらうためのもの」で約半数の47.5%、続いて「妊娠していることを周囲にアピールするもの」(38.4%)、「緊急時に周囲に妊娠中だと知らせるためのもの」(13.9%)となりました。

一方、妊産婦が身につけている理由を聞いてみると、最も多かったのは「緊急時に周囲に妊娠中だと知らせるためのもの」が半数以上の56.8%、続いて「交通機関などで周囲にサポートしてもらうためのもの」(23.8%)、「妊娠していることをアピールするもの」(17.2%)となりました。

マタニティマークの認識状況と身につけている理由

妊産婦は、主に外出した際の緊急時に自身が妊娠中と気付いてもらう必要を感じてマタニティマークを身につけているのに対して、妊産婦以外の一般は交通機関などで席を譲ってもらうため、妊娠していることを周囲にアピールするためと認識していると考えられます。
双方の誤解は、マタニティマークに対する認識や求めている役割が異なることが主な原因だと言えそうです。そのため、誤解を解くためには、妊産婦が身につける理由に挙げている緊急時について、具体的に知る必要がありそうです。

そこで、妊婦が外出する際にはどのようなリスクがあるのか専門家である日本赤十字社医療センター 産婦人科医の井出早苗先生にお話を伺いました。

専門家に聞いた!妊婦が外出する際にはどのようなリスクがあるの?

— 妊娠中にみられる主な症状や日常生活での負担はどのようなものがあるのでしょうか?

まず、初期症状として吐き気や倦怠感が挙げられます。
その他にもお腹の張りや出血等が見られる方もいらっしゃいます。

また、妊娠中はふらつき・立ちくらみ等の起立性低血圧の症状が起こりやすい状態です。これは収縮期血圧が100 mmHg 前後の低めの方は特に注意が必要です。さらに妊娠週数が進むと血液量の増加により動悸・息切れなどを感じることもあります。

一般的にはあまり知られていないと思いますが、妊娠中はホルモンの影響で関節が緩んで腰に負担がかかるため、腰痛に悩む方も少なくありません。
更に関節の緩みに加えて、お腹が大きくなり足元が見えにくくなるため、体のバランスを取るのが難しくなり転倒に繋がる危険性も高まります。

— 妊産婦がマタニティマークを身につける理由で半数以上が挙げたのは、「緊急時に周囲に妊娠中だと知らせるためのもの」という回答でした。外出した際に遭遇する緊急時とは具体的にどのようなケースが考えられるのでしょうか?

出血や腹痛、破水があった場合は切迫流産や切迫早産のおそれが考えられます。

また、常位胎盤早期剥離という救急の処置を要する疾患があります。子宮の中で出産前に胎盤がはがれる状態を指しますが、母児ともに命に係わる重大な疾患で、まず出血や腹痛などの症状が現れる事が多いです。
原因は様々ですが、思いがけない接触や立ちくらみによる転倒で腹部に大きな衝撃を受けることでも発症する可能性があります。

そのため、不慮の事故等で大きな衝撃を受けた場合は、自覚症状の有無に関わらず病院を受診していただきたいです。
その他には、癲癇(てんかん)などの持病による発作や大きな外傷も緊急の対応が必要です。

— 外出中の妊婦がリスクに直面した際に応急処置や医療行為を行う場合、マタニティマークが持つ「妊娠中である」ということが分かる機能だけで十分だと思いますか?緊急時の備えとして必要なことを教えてください。

医師の観点では、マタニティマークは「妊娠中である」ということがわかるだけで最低限の役割は果たせていると言えると思います。
ただし、マタニティマークと併せて母子手帳を必ず持ち歩いて頂くことが非常に重要です。

母子手帳には緊急連絡先や掛かり付けの医療機関、定期健診の記録や検査結果などの重要な情報が記載されています。
外出先で何かあった際でも、マタニティマークによって妊婦であることが伝われば、母子手帳で必要な情報を確認してもらえる機会は増えると思います。
どの病院に搬送するかについては、症状だけではなく、妊娠週数に応じて判断されます。
そのため、緊急連絡先や妊娠週数を知ることができる出産予定日などの最低限の情報はマタニティマークの目立たない場所に記載があっても良いかもしれません。

— 外出中にマタニティマークを身につけた妊婦を見かけた場合、どのようなサポートをすることが望ましいでしょうか?

妊娠中はふらつきや立ちくらみが起こりやすいので、押す・ぶつかる等の転倒事故に繋がりやすい行為は注意をしてあげて欲しいと思います。

しかし、体調に関しては個人差が大きいものです。
そのためまずはサポートが必要か声掛けをして頂けると良いのではないかと思います。
個人的には交通機関などで気持ち良く席を譲ってあげられるような暖かい社会になって欲しいと思います。

マタニティマークを安心して身につけることが出来る社会の実現に必要なこと

調査結果から、マタニティマークの認知度は低く、誕生から10年以上が経過した今でも一般に十分に浸透していないという課題が浮かび上がりました。

女性と比較して男性は認知が進んでいない傾向にあり、特に子供がいない場合は知るきっかけが少ないようです。このように十分な認知を獲得できていない人達へ向けたマタニティマークを “知ってもらうための活動”は引き続き必要であると言えます。

更に、問題に発展する背景にあるマタニティマークに関する誤解は、一般の認識と利用実態に隔たりがあることが主な原因だとわかりました。
マタニティマークは、一般の認識にあるような「妊娠中で幸せであることのアピール」や「交通機関で席を譲ってもらうためのツール」ではなく、「緊急時に周囲に妊娠中だと知らせるためのもの」として主に利用されていると考える必要がありそうです。
つまり、マタニティマークの誤解を解くためには、単にマークの存在を知ってもらうのではなく、妊婦やマタニティマークに関して” 正しく理解してもらう”ことが最も重要だと言えます。

些細なコミュニケーション不足や認識のすれ違いから、誤解を受けやすいマタニティマークですが、厚生労働省が掲げる「妊産婦にやさしい環境づくり」という目的は、少子化が進む日本では重要な位置付けにあると言えます。
マタニティマークの存在を広く知ってもらい、利用する妊婦や利用実態を正しく理解してもらうため、「わかりやすく伝える」工夫をすることが、マタニティマークを安心して身につけることが出来る社会の実現に繋がるのではないでしょうか。

ご協力いただいた専門家

日本赤十字社医療センター 産婦人科
井出早苗 先生
URL: http://www.med.jrc.or.jp/

調査概要

調査タイトル 生活についてのアンケート
調査期間 2016年6月22日~6月27日
調査方法 インターネットリサーチ
調査対象1 18歳以上の男女 600名(男女、未既婚で各半数ずつ回収)
調査対象2 20~43歳の妊娠中または3歳未満の子供の母親 400名